This Archive : 2010年12月

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.21 *Tue*

西洋医学と東洋医学

こんばんは。
神戸りぷるの山澤です。

ここのところブログが滞っていたのは、体調不良だったからです。
気付かぬうちに膀胱炎になっていたようで、それが原因での腎盂炎。
まさかの高熱に抗生剤を飲みながら大人しくしていました。

今日は一週間ぶりに病院での再検査でした。
体内に菌が残っていないかの検査です。
採血と採尿で調べてもらいます。

今回は急な高熱にインフルエンザかと思い内科にかかりました。
そして内科で思い知った西洋医学と東洋医学の大きな違いがありました。

内科の先生によると、薬を飲んで症状が治まったならもういいんじゃないか?

そういうスタンスです。
なぜ膀胱炎になったのかとか、体質的にどうなのかなんて知ったこっちゃない。
再検査の今日は内科の先生とちょっと喧嘩をしてしまいました。

だって理由もないのに膀胱炎?
今年に入って3度目の膀胱炎となると、対処法が知りたいのが人の心。
でも、西洋医学の先生はその辺りのフォローは一切ありません。
これを東洋医学の見地で見てみると、面白い結果になるのです。

東洋医学の見地で私の体を診て頂くと、私の体質、気質は木性に属します。
いわゆる五行の木火土金水にあてはめて考えるわけですね。
私の場合この体質チェックは色んな東洋医学の先生にかかった結果共通しています。

木性の特徴。
気質的には合理主義。そして気が短い。イライラしやすいことから肝臓胆嚢系に
何かしらあると出ます。
体質的には冷えに弱い。特に木星が強い私は12月から2月にかけてが弱いと出ます。

今年に入ってなった3度の膀胱炎も1月、2月、12月とビンゴです。

木性の人の注意点は、イライラしないよう気をつける。酸味を多めに取る。
体を冷やさないなど、基本的な注意事項があります。

今回の膀胱炎⇒腎盂炎も心当たりがあるんですね~。
忙しくてシャワーで済ませる日が多かった。
疲れているのに、敢えてシャワーで済ませていた結果、疲れが取れきらず
そして体が冷えて今回に至ったと推測できます。

原因が分かれば改善方法も自ずと分かってきますね。
これが東洋医学の面白いところです。

ところが現在の西洋医学中心の考え方では、症状が治まればそれで終わり。
患者さんもご自身の体質など知らない人が多いから、それに流される。
そんな事が多いのではないかと思った今回の体調不良でした。

次回の神戸りぷるのイベントでは、お茶で大開運と題し参加型で進めていきます。
特別ゲストを迎え、ご自身の気質、体質について考えて頂けるチャンスもあります。

お友達、ご家族をお誘い合わせのうえ、神戸りぷるのイベントにお越し頂けると嬉しいです。

イベント詳細はコチラ


プロフィール

女性力向上委員会 神戸りぷる

Author:女性力向上委員会 神戸りぷる
神戸りぷるは提案します。日々の仕事や生活でのストレス、また加齢による女性の悩みを解消する方法を。『食べる・動く・感じる』3つの方向からバランス良く五感に働きかけ、心と体に美しくしなやかな筋肉をつけ今まで以上に女性が輝くための方法をお知らせします。



最新記事



カテゴリ

◆イベントのお知らせ (5)
◆スタッフの日常ブログ (39)
☆豆のこと (7)
☆動くこと (1)
☆お茶のこと (4)
※神戸街歩き (1)
その他 (3)
はじめに (1)



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



最新トラックバック



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



検索フォーム



Copyright © 目覚めよ!女ヂカラ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。